04.02.2016

隅田川のお花見は土手を固める目的があったとか!

庶民にお花見が広がったのは江戸時代。現在の上野公園の桜は三代将軍家光が吉野の桜を移植したもの、隅田川土手の桜は八代将軍吉宗が庶民のために植えたそうなんですが、その頃、隅田川は洪水が多く、土手を作ったのですが、その土手を固めるために、桜を植え、花見客を集めたとか、、、なかなか良く考えたものですね。

ちなみに、桜餅は隅田川の桜の葉を酢漬けにして餅を挟んで販売したのが始まりだそうです。

今日は東京の桜も満開、美しい季節です。

桜

by:masa

トラックバック:

コメント:

(必須)

(必須)※公開されません

 ※オプション

(必須)